世界陸上 200m 高平余裕の走り

ボルトはおいといて

世界陸上200m1次予選
 8組の高平慎士(富士通)は20秒86で2着、3組の藤光謙司(セーレン)は20秒69で3着となり、ともに1次予選を突破した。

高平は後半流していたね。
2次予選も
流して通過出来るようでないと
準決は通れない

本人も
上を見据えている。

しかし、
日本選手も陸上で
1次を流して走れるようになったのは
凄いことだと思う。


"世界陸上 200m 高平余裕の走り" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント