479日目 黄金の豚 教育管理委員会

66.7㎏ 20.3%

毎日朝の体重を記録して
体重管理しているだけ。

天気も良かったのに
午後雨が降るの天気予報にだまされて
自動車通勤
もれなく娘の送り迎えが付いてくる。
送ってやるのはちょっと回り道だがまあ、いいとして
帰りが問題。

娘の部活が終わるのが6時半
それまで何とか仕事をして
6時10分ぐらいに職場を出て
娘の学校の前の
つぶれたコンビニの駐車場で待つ。
これが結構面倒。
帰りたいときに帰れない。

まあ、娘と話す時間なんて
この行き帰りの車の中だけだから貴重と言えば貴重なのだが
昨日や今日のようないい天気の日に自動車は情けない。
こういう時こそ自転車なのに。

さて、昨日の黄金の豚
学校がらみの話。
教育管理委員会って何?


芯子(篠原涼子)たち特別調査課の面々は、国会への報告書作成でドタバタの日々を送っていた。そんななか資料確認をしていた芯子と優(岡田将生)は、ある小学校の耐震工事費に目をとめる。子どもが60人しかいない小学校なのに、そこは6億円もかけて800人分の教室を改修していた。「あやしい」と踏んだ二人はさっそく小学校へ。人の良さそうな校長の花村(矢崎滋)は二人に、改修は教育管理委員会の会長・錦(日野陽仁)が決定したことだと話す。二人は錦に面会するが「工事は子どもの安全のため」と言われ納得せざるを得ない。が、芯子の鼻は別のものをかぎ当てていた。
それは錦が新事業としてすすめている「のびのび体操」。子どもたちの健康促進を目的とした新しい体操で、立派な出席カードやキャラクター「のびのび君」をあしらった広報用グッズなどが大量に作られていた。さらに錦は関連団体「のびのび体操協会」を設立しようとしていた。こうした団体は政府系の公益法人で、国から多額の補助金が流れ込む。もちろんそれは国民の税金だ。


何とか体操を全国的に広める公益法人を作るとか何とか言ってるところを見ると
全国的に権限を持つ委員会のような気もするし
市立か区立かの学校の耐震工事をするとると
市区町村の委員会のような気もするし
教育委員会と違う組織なのだろうか。

しかし、教育管理委員会って言う名前が笑えるね。

それと課長補佐の明珍さんいったいどうなるんだろう。


にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエット日記(目標体重 60kg台)へ
にほんブログ村

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック