ダイエット478日 のど自慢裏話

66.7㎏ 20.3

久しぶりの自転車通勤日
出張もあったので帰りは少し遠回りで自転車に乗った。
さらに、片道徒歩で30分の中央図書館に出かけたので
徒歩1時間。
結構歩いた。
にもかかわらず体重はあんまり変わらない。

ビールもどきを飲んだせいか酔っぱらって
ギルティをちょっと見ただけで寝てしまった。

ギルティも見たいけど何か寝てしまう。
まあ、後でゆっくりビデオで見るさ。

さて出張だが
その出張の講演会でもとNHKのアナウンサーの面白い話を聞けた。

NHKの長寿番組のど自慢の話。

のど自慢のアナウンサーはディレクターを一緒に
金曜日の朝に現地に出発する。

番組は現地のNHKのスタッフと一緒に作るのだそうだ。
本局からはアナウンサーとディレクターしか行かない。
現地に到着したら、会場の仕込み
会場を作ってカメラ位置を決める。それが一日目の仕事

二日目は午前中は地域の取材を3時間ほど現地の役所の人の案内で行う。
午後からははがきから無作為に選ばれた250人の1次予選通過者を
一人40秒の歌で20人に絞り込む2次予選
午後から約3~4時間かかるらしい。
のど自慢の予選が前日に行われていたとはびっくりだ。
その後予選通過の20人は音あわせなど本番に備えてする事があるので
帰れるのは9時過ぎ。ここでアナウンサーは歌にまつわる出来事など出場者から取材する。
本番は出場者は7時50分集合これからリハーサルしてぶっつけ本番の生放送。
ぶっつけ本場の生放送はいろいろなドラマを生むらしい。
予選を聞いてこれは合格確実と思われた人が緊張で上手く歌えず不合格だったり
緊張が予想外の力を生み出して素晴らしい歌に昇華して合格したり
悲喜こもごもいろいろなドラマがあるらしい。

のど自慢は各自治体が手を挙げて番組を呼ぶらしい。
今手を挙げると番組が来るのは4年後らしい。それだけ各地方にのど自慢を呼びたいようだ。
しかし、首長選挙半年前の自治体には行かないそうだ。
のど自慢を呼んだと宣伝して選挙に当選する候補者もいたそうだ。

みんなのど自慢のステージで歌いたいんですねえ。

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエット日記(目標体重 60kg台)へ
にほんブログ村

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック