ダイエット208日目 スノボあんちゃん

68.6㎏ 22.4%

国母8位

 「バンクーバー五輪・スノーボード男子HP」(17日)

 男子ハーフパイプ(HP)を行い、2007年世界選手権2位の国母和宏(東海大)は35・7点で8位入賞した。昨年の世界選手権優勝の青野令(松山大)は32・9点で9位。ともに02年ソルトレークシティー五輪の中井孝治がマークした日本勢過去最高の5位を上回れなかった。ホワイト(米国)が48・4点で、トリノ五輪に続いて金メダルを獲得した。

スノボあんちゃんは8位だった。
いろいろと擁護論も出ているし
周りの大人が何で注意しなかったのか
とかいろいろあるが

こういうあんちゃんは確信犯でスタイルしているから
注意されても直さなかったのではないかという意見もある。
薄っぺらだがポリシーなのだろう。

しかしそのおかげで、彼は注目された
ハーフパイプの注目度など
そんな競技もあるんだ程度の認識しかない
人たちに大きなインパクトを与えた。

国母の名前は全国区になった。
同9位に入った青山令の名前は知らない。
ところが調べてみると

青山令世界選手権で優勝!!
W杯郡上大会(韓国)のハーフパイプで男子は青野令が優勝
(通算6勝目)、女子は山岡聡子が3位となった。

スノーボードの世界選手権第6日は23日、当地で男女ハーフ
パイプ(HP)決勝を行い、男子で青野令(18)=スノーフレンズク
が優勝した。

五輪、世界選手権を通じ、この競技で日本選手が優勝したのは初めて。

ではないですか。

これはもう売名の確信犯としてもいいのかもしれない。

まあ、擁護派は美談も出してくるけど。
とりあえず競技スノボの選手なんてそんなもんだと思われるのオチだったりして。

有名になれてよかったね国母君。
日本に戻ったらジャンクにでも出るつもりかい。



amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエット日記(目標体重 60kg台)へ
にほんブログ村

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック