ダイエット205日目 女の子が目指す武士道

69.1㎏ 21.6%

夕べは飲まないでおこうと思ったけど
やっぱり飲んでしまった。
昨日は朝、イオンへかみさんの買い物のおつきあい。
昼間は読書。

武士道セブンティーンを読む。

 前作の「武士道シックスティーン」では、幼い頃からの剣士で、剣道は武士の戦いであり、相手を切り伏せ、叩き伏せて勝利することこそが至上と思い込んでいた“剛”の磯山香織が、日本舞踊の代わりに中学から剣道を始めた西荻早苗に小さな大会ながら敗れてしまい、どういうことかと訝ったところから始まった、2人の剣道少女の交流だった。

 やがてお互いがそれぞれに欠けていたもの、香織だったら負けを知り己を知る心の広さであり、早苗は剣道を通して得られる諦めないで進く執念をそれぞれに得て、補い合って剣道というものの深さと広さを共に理解する所へと向かっていく。そこに起こった残念な別離。香織は神奈川に残り、早苗は福岡へと旅立つ。 神奈川と福岡と離ればなれになった二人、2人の再会までもがラストに示唆され綺麗に完結。といった雰囲気すらあった前作。

しかし今度はさらに、深刻で強力な命題を叩きつけた。香織と早苗がたどり着いた武道としての剣道の境地、武士道としての剣の道に、剣道はスポーツでしかないのだとといった風潮を掲げて2人の前に立ちふさがらせた。

 早苗が転校した福岡南高校学校は、50人もの女子剣道部員がいて選手になるだけでも大変な学校だった。そして、練習と選考会で個々の強さや適正をはかった上に、対戦相手のデータも加味して最強ではなく最善の選手を選び出し、相手にぶつけて勝利を目指していた。

 武道ではなくスポーツとして合理的にとらえる。それも究極的なチームスポーツであり、学校スポーツといった形態で、ひとりひとりの精進のその上に、組織体としての勝利が君臨している様に、小さいながらもそれぞれが己を探求し、強くなった成果としての大会があり、勝敗があった場から移ってきた早苗は違和感を抱く。

 転校早々に仲良くなった、母方にフランス人がいるクウォーターで、ハーフだった母がフェンシングのオリンピック選手だったという血筋を持つ黒岩レナという少女も、剣道を高度に競技化したものに変えたいと願って部内でも激しく主張。仲違いはしないまでも、内心では違うんじゃないかと思い悩んだ果て。早苗はひとつの答えを出す。

 ひとつの剣道をめぐる“柔”と“剛”、2つの相の対立と融合が「武士道シックスティーン」のテーマだったとしたら、「武士道セブンティーン」は“武道” と“スポーツ”の対立がテーマ。それが“柔”と“剛”のように融合へと向かった前作のように、どう融合に向かうかの結論は出ていないない。
ここで思い浮かべるのが朝青龍。いみじくも元横綱審議委員の内館牧子氏が語ったようにアスリートとしての朝青龍は好きなタイプの選手であり、そのスピリットも大いに認めるが、横綱としての朝青龍は断固として認めない。それは相撲が単なるスポーツではなく日本の伝統と精神そのものだからであろう。柔道もしかり、高度にスポーツ化したオリンピックの柔道は単に柔道着を着たレスリングに成り下がっている。

 まあ、そもそもが簡単に結論が出る問題ではない。出るならこれほどまでに相撲や柔道や弓道や空手道といった武道で、武道ならではの精神性とスポーツの特質としての競技性の問題が、取りざたされることはない。ただ示唆はある。スポーツとして剣道が広く嗜まれ、親しまれること自体は悪くはない。問題はそこに魂があるか、武士道があるのかといった部分。これを失った剣道はもはや剣道ではないのだという教えを得て、思考することによってスポーツでもあり、同時に剣道でもあるものが見えて来る。

 宮本武蔵をこよなく愛する“剛”の香織にあった刺々しさが前作で取れてしまったからなのか、今作ではすっかり良き先輩になってしまって全体に目立ってない印象なのがつまらない。もっと攻撃的で激しいのが香織の持ち味なのに。中学時代の同窓で、虐められてる男子に頼られ迷惑を被る役どころを与えられてはいるけれど、そこに浮いたドラマはない。遠く福岡で早苗が直面している武道とは、剣道とは、スポーツとは何なのかという問題に、神奈川にあって共に考えつつ、香織なりの強さと信念でもって導いていくオブザーバー的な立場に留まっている。
スポーツと武士道その行く道について武士道エイティーンでどうまとめていくかが楽しみ。

今作も香織と早苗が交互に語る構成になっているが、香織の章はすべて三文字なのが秀逸。

さて、それでは次は武士道エイティーンに行く前に「一瞬の風になれ」第二章ヨウイを読むことにしよう。こちらも神谷新二君が二年生になる頃だ。




amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る





amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



風が強く吹いている [Blu-ray]
バンダイビジュアル
2010-04-09
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエット日記(目標体重 60kg台)へ
にほんブログ村

この記事へのコメント

智太郎
2010年03月05日 21:05
 こんにちは・・私は少子化対策打破の為に身体を鍛え赤ちゃん欲しい時期ですが、サッカーW杯や野球WBC戦で対韓国戦になると妙に接戦で盛り上がりますよね?韓国人のみならず朝鮮人に対しても?北朝鮮は日本人拉致問題がありますが、どうして?ぢじてなの?・・・と言う主旨で記事にしました。タイトルは『我々日本人は、朝鮮人や韓国人を何故そこまで嫌うのか?』です。毎度のユニーク:おもしろ画像写真では、「朝青龍を引退に追い込んだ内館牧子」「ファン太郎:朝青龍」「頭を蹴る韓国人選手」「必死の反日韓国人」「約8200万年前の日本地図」写真画像を貼りました。よろしければ1言コメントと応援もよろしく頼む次第です。・・どうぞ!遊びに寄って見てやって下さい。・・恐縮にも、よろしければ:1言コメントと応援もよろしく頼む次第です。





この記事へのトラックバック