そのくらいの気概は見せてほしいな

日曜日,午前中の受験を終えて,とんぼ返りで戻ってきた娘
急いで※スーツに着替えてラグビー部の3送会に出席。
6時半終了予定で,その後車で着替えて7時ちょっと過ぎの
新幹線で再び上京の予定。

3送会会場に迎えに行く途中でメール
「終わりそうにないから次の新幹線にしようかな・・・」

う・・受験生としての気概が足らない。
いい加減にしろ!がっかりする。

終了予定時刻に某会館に車を止めて
ロビーで娘を待つ。

はたして,予定通りの時間に出てくる。
「まだ,終わらないし,写真撮影タイムに入って時間がかかりそうだから」
当たり前の話だけど
家の娘にしては「えらい!」よく思い切ってくれた。

そうして予定通りの時間に彼女は再び東京へ旅発ったのでありました。

さてさて,その時東京への手みやげにカミさんが大急ぎで揚げたコロッケを持たせるはずでした。
車に乗った時も娘に,「これ,東京への土産だから忘れずに,さめたら蓋をするように。」
と話をしたにもかかわらず,親子して,車を降りる時にはすっかり忘れてしまいました。

家に着いて車から降りた時に「コロッケ持っていない」と娘からの電話
道理で,ずっとコロッケのいいにおいが車の中に充満していたわけだ。

カミさんから大目玉を食らったのはいうまでもありませんでした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック