カラヤン.ベームといえば

クラシック入門者としてはカラヤンのベートーベンとベームのモーツァルトあたりから入るのか
さて、この二人が存命だった頃
ロンドンレーベルイチオシの指揮者が
サー・ゲオルグ・ショルティー
ベルリンより更に機能的に徹したオーケストラシカゴフィルと
それなりのレコーディングをしていたと思う。
有名なのは
ワーグナーのニーベルンゲンの指輪

しかし、お亡くなりになった後、すっかり話題に上らない指揮者になってしましたね。
ショルティーのレコード買う?と聞かれてもノーだあね。

今のシカゴフィルって誰が振っているんだっけ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック