「運動会には。。。。」について

運動会には。。。。」について
集合写真から、遠くで競技をする子を撮影するために
EOSKissNのダブルレンズセットについてきたレンズは
18-55 55-200mm(デジカメ換算×1.6)のため、
競技撮影用と集合写真用でレンズを変えなければならない。
55-200集合写真を撮ると一番引いても88mレンズと同じ
これではかり下がって撮影しなければならない。
クラス写真何度は他の人のずっと後ろから撮影しないと
全員が入らない。
カミさんにはこんな面倒な一眼レフより
今までの
CAMEDIA C-75の方がずっといいじゃない。
集合写真から遠くの我が子までレンズ交換なしで撮れたじゃない
と言われるしまつ
確かにC-75は35mm換算で38-380の10倍ズーム
私としても手に馴染んだ非常に使いやすいカメラだった。
ただ
デジタル1眼レフに求めたものは適度なスピードの連写機能
まあ、秒間5枚は必要ないけど秒間3枚は譲れない。
それからズーミングの速さ。
C-75のパワーズームの遅さにイライラが募り
ズームで撮るなるらデジ1だろうと言うことでへそくりを絞り出して購入

ところが2本のレンズの微妙さに悩むことになる。
普段は55-200で十分なのだがたまに18-55を併用しなければならない時がある
埃まみれの外でのレンズ交換は・・・やりたくない

画像そこでへそくり携えてヨドバシへ
シグマの標準ズームレンズ28-300を購入
これならC-75以上に使えると意気揚々と帰った。
運動会はこのレンズの試し撮り
昨年はC-75で応援団として活き活き活躍する娘の表情を撮ることが出来た。
今年はコーナーで娘を待ちかまえての撮影だ。
(実際キャノンの附属のレンズを使ってもよかったのだが今回はテストも兼ねているから・・・・)

さて300mm(35mm換算480mm)の威力は想像以上だ。ただしどうもピントが甘いような気がする。ウデのせいかね。
しかし運動会ではコーナーを疾走する愛娘の姿をバッチリ撮れたからヨシとしよう。騎馬戦も団長騎馬の先頭に立つ姿を撮れたし。
ただ、キャノンの附属のレンズよりピントが甘いのが・・・・
何かの雑誌よ見るとシグマよりタムロンの同等品の方がいいようなことが書いてあった。よく探して買うべきだったか。

ここ一番集合写真、真剣勝負のスポーツ写真は今まで通りのレンズで
お気楽写真でレンズ交換したくないときはシグマを使うことにしよう。
もうレンズにかける金もないしね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック